1945年のクリスマス

Bookレビュー。

基本的にネタバレを含みます。

1945年のクリスマス

ベアテシロタゴードン

内容---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本国憲法に男女平等を書いた女性の自伝

日本の女性が幸せになるために必要なことは何か。

23歳の若さで日本国憲法GHQ草案の作成に加わり、現在の人権条項の原型を書いた女性の自伝。

50年ものあいだ口にすることができなかった、日本国憲法草案作成9日間の迫真ドキュメント!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

TVのドキュメンタリーかなんかでベアテさんをちょろっと観て気になったので購入。

すっっっごい良かったです!!

これはぜひ色んな人に読んでもらいたい!

特に女性は!

あんま選挙投票には興味を持てないわたしですが

これは行った方が良いと思わされる本でした。

単なる政治、倫理や秩序を守るためでなく、少なくとも人権項目については

日本人が、女性が幸せに生きていくにはを

本当に心の底から考え抜いて全力で作られたものなんだと、感動。

日本国憲法を持ち得た国民であることに誇りに思う。

近年の騒がれている9条もそうだけど

核兵器禁止条約に日本が不参加ってどういうことよ。

内容は憲法だし自伝とか途中で飽きちゃうかな〜って思ってたんだけど

小説のように読みやすく、続きが気になりどんどん読めました!

おすすめです!

仕事は人脈である。

子どもが生まれ、育児に手がかかっても、細と社会との繋がりを持っていることが、本格的に仕事をする場合に役立つことがわかっていた。

Yuri

広告を非表示にする