立秋、部分月食、ライオンゲート

ネットが普及したからか、私の世界にもネットが現れたからか、

ここ数年は8月になると、8/8はライオンゲートってのをよく見かけます。

占星術で言うと、8/8は太陽が獅子座の部屋にいるからライオンなんだろうけれど、

意味やだからライオンゲートってどういうこと?ってのが謎のままでしたが、

今日8/7の泰平さんブログで納得!にゃるほど!

太陽が獅子座に入り、シリウスが地球とオリオン座の三つ星をつなぐ位置に入ると銀河の中心や様な惑星からのエネルギーが地球に強く降り注ぎ、地球の文明や人の霊的意識に大きな影響を及ぼすと言われています。

まずは、8/7〜8の太陽、地球、月の位置を見てみましょう。

こういう説明は、地球暦がわかりやすいんだよねー

地球暦は太陽を中心に作られていて、その日の太陽系の惑星の位置が一目でわかります。

は2013年の。この年の8/7〜8の地球の位置は、

なんだけど、わかりにくいな。シャーペンで書いたけれど薄い。

今年の立秋は8/7。宇宙船地球号は、秋のゾーンへ入りました。

(立秋の説明は割愛。泰平さんブログを読んでね

ナツやフユは、夏に見えやすい星、冬に見えやすい星の方向。)

占星術は、大きさに関わらず星座の部屋の大きさは一律。

天文だと、部屋という言い方はせず、星座の大きさによって面積(?)が異なるので、

実際の太陽の位置(天文)と星座の部屋(占星術)は、ノットイコールなことがあります。

泰平さんブログに戻って、

太陽が獅子座に入り、シリウスが地球とオリオン座の三つ星をつなぐ位置に入ると銀河の中心や様な惑星からのエネルギーが地球に強く降り注ぎ、地球の文明や人の霊的意識に大きな影響を及ぼすと言われています。

ということは、

で囲った星は、位置ではなくて方向。

オリオンの三つ星はオリオン大星雲の方向だと推測でき、宇宙空間では三つ星は

それぞれ離れていて(地球から見るから並んで見える)、シリウスの方が地球に近いから、

三つ星、シリウス、地球の並び順になるのではなかろうか。

書き忘れたけれど、レグルスはオレンジ矢印方向だと思われます。

ここでワタクシおや?となり、泰平さんブログを読み返し、あることに気付きました。

明日8月8日が最も強力な惑星配置となっていて。

太陽と地球、そしてシリウスが特定の位置に入ると起こるライオンゲート。

はい。どこにも、一直線とは書かれていません。

なぜか一直線だと思い込んでいました。思い込みって怖いわー。

でもこれも、どこから見るか、ですもんね。

もしかしたら、どこかから見たら、一直線なのかもしれない。違うかもしれない。どうでもいい。

もう1つ。

マヤ暦って言葉に親しみがあるかもしれない、いろんな呼ばれ方をされている

13の月の暦。この新年は決まってG暦の7/26。シリウスと太陽が一緒に昇る星回り

からスタートします。

シリウスと太陽が一緒に昇る時期は、エジプトのナイル川の氾濫予測の目安になったとか。

オリオンの三つ星と言えば、エジプトのピラミッドの配置。

マヤ暦をベースに現代人向けに作られた暦なのに、エジプトがちらりほらり。

これも面白いよねー

一直線が引っ掛かったのは、こっちが頭にあったからだと思われます。

8/7の深夜、日付が変わって8/8は部分月食!!

見たいなー。お天気、持ってくれるといいなー。ただいま大雨。

88、222、55。ゾロ目続きなことも面白い

そして今日8/7は、かっちゃんどんちゃんの民宿やよいのプレオープン日。

たーのーしーみー!!あ、これが流れてきた

BEGINさんオジー自慢のオリオンビール(エイサーバージョン)の歌詞

愛と光と感謝をこめて

こんなこともしていますー

糸かけ曼荼羅のオーダーを承ります

モニター募集アニマルコミュニケーションメールセッション

2017年夏のオススメイベント!!

8/11(金祝)さとうみつろう音楽会Laugh&Peace広島

8/26(土)みつばちが教えてくれた幸せな生き方東京日野